結婚祝いのお返しと内祝いは人を笑顔にする

贈り物

タブーな贈り物がある

目上の人にスリッパを贈ると足で踏むという意味合いになるため失礼にあたるそうです。万年質も同じように、上から目線の態度になりますからタブーとされています。

覚えておきたい知識

花

内祝いを渡す時のマナー

内祝いを渡す時のマナーをご存知ですか。少しでも間違えると失礼にあたるので、お祝いを贈る時は知識を頭の中にインプットしておく必要があります。

READ MORE
プレゼント

のしの基本知識

のしといっても種類や意味合いが違うので付ける時に迷ってしまいがちです。このページを見てのしに詳しくなれば、いざという時に役立てる事ができますよ。

READ MORE

祝い品はこうやって選ぶ

消耗品は安定している

負担にならないものと考えるなら、食べたらなくなる食品が良いでしょう。特にお菓子類は万人受けするのでどの世代からも喜ばれまよ。両親へのプレゼントなら高級食材が恰好が良いです。

長期保存ができるもの

お菓子だと賞味期限が短いので早く食べないといけませんが、そうめんやそば、のりといった乾物は毎日食べられてしかも長期保存ができるので貰う側も喜びます。定番のお菓子に飽きた場合は乾物に注目しましょう。

普段買わないようなものが人気

自分では高くて手が出せない内祝いや結婚祝いのお返しは気持ちが盛り上がります。例えば、高級なコーヒーや紅茶、調味料は普段から使えるのでプレゼントとして最適でしょう。

実用性を重視する

食べ物ではなく、実用性を主に考えるなら食器や日用品がベストです。内祝いや結婚祝いのお返しをする時は相手の好みを把握しておくと選びやすくなりますよ。

カタログという手もある

プレゼント選びに行き詰った場合は金券か、もしくはカタログギフトを贈るのもありです。自身で選ぶより、相手が好きなものを自由に選択できるため、近年はお祝い返しをカタログで済ませる人が多くいらっしゃいます。

値段より気持ちが大事

フラワー

以前は花束のみだった

結婚式の途中で両親にプレゼントをあげるシーンがありますが、昔は花束のみが一般的でした。時代は流れ、近年は三連時計や絆が深まる品物を贈ることが多くなり、プレゼント選びが大変です。内祝いや結婚祝いのお返しも同様ですが、一番無難なのは消耗品でしょう。

喜ばれる品

前撮りをした写真やこれまでの生い立ちをフォトフレームに収めて贈る方も非常に多く、両親も喜びます。内祝いだと生まれた体重と同じぬいぐるみやお米を贈ってもいいですし、結婚祝いのお祝い返しはお菓子が喜ばれます。

お酒も人気

結婚祝いのお返しや内祝いに最適なのがお酒です。最近のは名前を入れることが可能で、特別感を出せます。両親へのプレゼントにも最適でしょう。ワインなんかは生まれた日に製造されたものをプレゼントするとロマンチックです。

どのくらいかける?

祝い品にかかる相場額は、1万円から2万円が30%未満、5000円から1万円未満が25%、5000円以内が12%という結果になりました。皆値段より質を重点に置いているようです。

広告募集中